婦人
  1. ホーム
  2. 妊娠中も注意が必要

妊娠中も注意が必要

お尻

妊娠中は要注意

やっと赤ちゃんを授かっても、毎日つわりとの闘いで体力も消耗気味です。その状況に付け込んで発症するのが膣カンジタなのでとても厄介でしょう。妊娠中に発症した場合、通常産婦人科で治療をしますが、自宅でカンジタ菌に効くケア用品を使った手入れも重要になります。また、カンジタを放置すると退治へ悪影響を及ぼすのでなるべく完治を目指せるよう頑張るしかありません。問題は、赤ちゃんにカンジタが感染するのかどうかです。完治すればそこまで心配する必要はありませんが、体調の変化で再発をするため油断は禁物でしょう。また、産道を通って生まれる赤ちゃんにカンジタ菌が感染するケースも少なくなく舌が白くなる鵞口瘡を発生させることもあります。症状が出ると今度は皮膚炎をおこし、おむつかぶれに悩まれてしまうでしょう。ただ、必ずしも赤ちゃんに感染するとは限りません。

何故なりやすいのか

妊娠中に膣カンジタになる人は沢山います。治療法としては産婦人科で処方される錠剤を膣の中に入れたり軟膏を塗ったりすることですが、ほとんどは医師が膣を洗浄して薬を投入します。これで大体は収まりますが、普段酸性で保たれている部分で雑菌の繁殖を抑えているつもりでも妊娠によってホルモンバランスが崩れるのでアルカリ性になってしまいます。この状況はカンジタ菌が繁殖する絶好のチャンスになるため、普通の人よりも発症しやすくなるのです。対策としては、栄養満点の食事を摂る事、そして陰部を清潔に保つ事です。最近は肌に優しいケア石鹸やソープが販売されていますので、妊娠中も安心して使うことができます。